日々のあれこれ

私のバービーボーイズ30年史・後編【BARBEE BOYS なんだったんだ?30 YEARS】

スポンサーリンク
20191228バービーボーイズ30年史後編アイキャッチ

ハンドメイド作家のcaccio(カッチョ)です。

私は中1の頃からBARBEE BOYS(バービーボーイズ)というバンドのファンです。

ただ今私のファン歴を書いていまして、前編・中編の記事では中1でファンになったきっかけから、2003年の「LIVE EPIC 25」でバービーのLIVEを初めて見た頃までを書きました。

20191213バービーボーイズ30年史前編アイキャッチ
私のバービーボーイズ30年史・前編【BARBEE BOYS なんだったんだ?30 YEARS】BARBEE BOYSというバンドを知っていますか?この記事では、私が中1から30年間追いかけ続けてきたバービーボーイズのファン歴について語っています。どうぞご覧ください。...
20191218バービーボーイズ30年史中編アイキャッチ
私のバービーボーイズ30年史・中編【BARBEE BOYS なんだったんだ?30 YEARS】BARBEE BOYSというバンドを知っていますか?この記事では、私が中1から30年間追いかけ続けてきたバービーボーイズのファン歴について語っています。中編は2003年の「LIVE EPIC 25」から杏子20周年記念LIVEまでです。どうぞご覧ください。...

 

今回の後編では、2008年のSMAP×SMAP再々結集から2019年の怒涛の活動ラッシュまでを書いていきたいと思います。

私も自分で書いていて「あれ?これ神話かな?(^^;)」と思う程気の長い話ですが、どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

バービーがSMAP×SMAPに出るとの情報が走る!

2003年2月23日の「LIVE EPIC 25」で初めてBARBEE BOYSのLIVEを見る事ができましたが、それ以降ぱったりとバービー関連の情報はありませんでした(2004年に杏子さんの20周年記念LIVEでKONTAさんがゲスト出演したくらい)

でも、2003年にできたバービーオフ会仲間とカラオケ行ったり、自分で作ったバービーファンサイト「Funny Bee」を更新したり、エンリケやイマサや杏子さんのブログを読んだりして、それなりに楽しいバービーライフを送っていました。

なにせ2003年以前は一人細々とLIVEビデオを見るだけの日々でしたから、それに比べたら充実していたんですよね。

しかしEPICから数年たってくると「あれ?ひょっとしてもうBARBEE BOYSとしては活動しないのかな?」と不安になってきました。

活動していないバンドのファンサイトを続けるのにも限界を感じ(なにせ更新するネタがない^^;)、仕事の忙しさも重なって2006年頃には閉鎖してしまいました。

バービーの活動に希望を失いかけた2008年3月、ファンの間に激震が走りました。
前回のEPICの時も情報を教えてくれたエンリケが「ファンの皆様に朗報があるかも」とブログに書いたのです!

EPICから数えてすでに5年。
「ろ、朗報とはもしや・・・まさか・・・」と固唾を飲んで見守るファン達・・・。

そして4月4日、ついに情報が解禁されました!

「BARBEE BOYSが『SMAP×SMAP』の名曲歌謡祭という企画に出演する」というのです!

それを知った瞬間、私はパソコンの前で叫びました(T▽T)ウォオオオオーーーッ!!
ついに!5年ぶりに!5人揃ったBARBEE BOYSが見られる!!

しかし、それにしても驚きました。
もしバービーがまた何か活動するのであれば、フェスや単独LIVEを発表すると思っていたので、テレビのバラエティー番組に出るだなんてすごく衝撃的でした。

今の仲の良い楽し気な雰囲気のバービーからは想像もできないでしょうが、当時のKONTAさんやイマサはかなりトガッた印象でしたからね(ブログ見てた皆さんは分かるよね・・・^^;)

とにかく放送日が来るまで、ファン達は首を長くして待ちました。

5年ぶりのBARBEE BOYSがSMAPと共演!

放送日の4月21日。
もう朝からワクワクソワソワしていた私(SMAP×SMAP、通称スマスマは夜10時放送)。

前年の2007年に結婚していた私は「夫たりともバービーを見ている時だけは邪魔されたくない」と、携帯電話の電源を切り、家の電話のコードも抜きました(^^;)

準備万端、テレビの前で正座して待っていると、ついにスマスマの放送が始まりました!

木村拓哉と稲垣吾郎が「今まで何組ものバンドが復活しましたが、このバンドの復活を待っていた人も多いんじゃないかな。
今回のスマスマのコーナーの為だけにメンバー全員が集まってくれまして、一夜限りの復活をしてくれます。
BARBEE BOYS、曲は1987年のヒット曲です。女ぎつね on the Run!」と紹介。

するとイマサのギターの音と共に真っ赤な幕が左右に開いて、BARBEE BOYSの5人が登場しました!ヾ(≧▽≦)ノウワーーーッ!!

全員5年前の生で見た時と寸分変わらぬスタイル(コイソだけちょっと髪が白くなってたかな)。
衣装も5人でモノトーンで揃えていて、特にKONTAさんと杏子さんは全身黒でバービーって感じ!
演奏している佇まいも5年ぶりとは思えない程、現役時代そのものです。

曲の途中から木村くんと吾郎ちゃんも参加。
正直5人だけで見させて~!と思いましたが(^^;)この二人がバービーのファンで声をかけてくれたらしいので、それぐらいはしょうがない。
5年ぶりのバービーの演奏を食い入るように見つめました。

演奏が終わるとインタビューコーナー。

アナ「今回どうして集まってくれたんですか?」

イマサ「ついうっかり(笑)」

中居「でも16年ぶりにパッと集まってパッとできるもんなんですかね?」

杏子「それはやっぱりLIVEバンドだったんで。私はずっとバービーでまたやりたいなって思ってたんだけどきっかけがなくて。今回は本当にありがとうございました」

中居「今後この5人で?これがきっかけじゃないですけども」

杏子「私はやりたいな」

イマサ「これで話し合うきっかけができたな」

KONTA「電話番号の交換から始めようぜ!」

このような今後を期待させる発言があり、私は大興奮。
録画した映像を何度も繰り返し再生して見ていたら、夫が血相を変えて帰ってきました。

「家電も携帯も繋がらないから何かあったのかと思って!!」

「あ、ゴメンゴメン。バービー見てたわ(^^;)」

これで夫が「心配して損した!」とブチ切れ、私も「5年ぶりのバービーなんだからしょうがないじゃん!」とブチ切れ、1週間口をきかないという私達夫婦史上最大の大喧嘩に発展するのですが、それも今では笑える思い出・・・(ノ´∀`*) アハハ

スポンサーリンク

バービーの夏フェス出演が発表される!

5年振りにバービー再結集を見せられると、今度はLIVEを期待してしまうのがファンの性(さが)。

「まさかこのテレビ1回で終わりな訳ないよね?」
「きっと今度こそLIVEやってくれるはず!」

ファン仲間達とそんな話をしながら盛り上がっていると、スマスマから3か月程たったある日、なんとバービーがその年の2つの夏フェスに出演する事が発表されました!(≧▽≦)ノウワーーーッ!!

1つは8月15日の「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO」(北海道)、もう1つは8月23日の「SOUND MARINA 2008 〜Feel the Voice 7〜」(広島)です。

本当は両方行きたかったのですが、さすがに北海道は遠くて断念。
夫の夏休みを利用して、広島のSOUND MARINAだけ行く事にしました。

人生2回目のバービーLIVE・SOUND MARINA 2008

もう11年も前の事なのでかなり記憶が薄れていて、広島の思い出と言えば路面電車に乗った事と美味しいお好み焼きを食べた事ぐらい(^^;)
なので他の方の当時のブログを読み返して書いてみますね。

セットリスト

1:ノーマジーン
2:目を閉じておいでよ
3:女ぎつねon the Run
4:ふしだらvsよこしま
5:離れろよ
6:負けるもんか
7:C’m’on Let’s go!
8:ショート寸前
9:マイティウーマン

バービーは最後から2番目だったので、かなり長い時間他のアーティストを聴いて待っていました。
周囲にはLIVE EPICやツアーグッズのTシャツを着ている人がたくさんいて、バービーのファンが大勢来ているんだなと思いました。

夕方になり空がいい感じの色になって来た頃、バービーの客入れ曲「男と女」が流れ出しました。
その瞬間、会場がワーッ!という歓声に包まれ、一気に人が立ち上がりだしました。

そしてステージに現れたBARBEE BOYSの5人!
私にとっては5年振り、人生で2度目の生バービーです。
そりゃあもう隣の夫が引くぐらい興奮しました(^^;)

LIVE EPICではやらなかった「目を閉じておいでよ」をついに生で聴けたのが嬉しかったですね。
ディープなファンとしては「ふしだら」「ショート寸前」「マイティウーマン」辺りも良かったです。

他のアーティストが3、4曲で交代する中、バービーはなんと9曲もやってくれました。
5年振りの再結集というプレミア待遇だったんですかね。
わざわざ関東から広島まで行ったかいがありました。

屋外でバービーを大興奮で9曲も聴いて、終わった後はぐったりして帰ったのを覚えています。
LIVE EPICの時は4曲で本当にあっという間に終わってしまったので、このLIVEでやっとBARBEE BOYSのLIVEを心行くまで満喫できたという満足感がありました。

ついにBARBEE BOYS単独LIVEが発表される!

こうしてファンにとっての2008年の熱い夏が過ぎ、次はいよいよ単独LIVEが待たれていた頃。
2008年12月、例によってエンリケのブログで「来週には面白い話をご報告できそうだし・・・」という情報が発信されました!

「面白い話ってもしや・・・(;゚д゚)ゴクリ…」と固唾を飲んで正式発表を待つ私達。
すると12月15日、ついに翌年のBARBEE BOYS単独LIVEツアーが発表されました!!

ツアータイトル「Re:BARBEE BOYS」

2月13日 Zepp福岡
2月15日 Zepp東京
2月17日 Zepp東京(追加公演)
2月20日 Zepp名古屋
2月22日 Zepp大阪

LIVE EPICもSOUND MARINAもフェス形式だったので、BARBEE BOYSだけが見られる単独ツアーをとうとう見に行ける!という喜びは、また格別でした。
ずっとビデオで見ていたあの空間に自分が行けるのかと思うと、ワクワクが止まりませんw

しかしBARBEE BOYSとしては解散してから17年振りの全国ツアー、しかも会場はそんなに大きくないZeppという事で、チケット争奪戦は必至です。

こういう時、持つべきものは友ですね。
2003年から5年のお付き合いになっていたファン仲間みんなで申し込んで、なんとか15日&17日の東京公演のチケットをゲットしました。

この時はオフィシャルサイトもできたりして盛り上がりましたね。

スポンサーリンク

「Re:BARBEE BOYS」Zepp東京2DAYSを見に行く

私のバービーファン歴初となる単独公演。
正直言いますと何せ10年前(2009年2月)の出来事なので、細かい事はあまり覚えてないんですよねぇ・・・(^^;)

当日の天気とか開演時間とかセットリストは検索すればどこかに必ずありますので、今回は割愛しますね(こういうの書いてると全然書き終わらないんです・・・)。

とにかくBARBEE BOYSの5人は、解散から17年たっているとは思えない程LIVEビデオそのまんまだった事が印象的でした。
全盛期の時から17年ほとんどLIVEやってないのに全然変わってないって驚愕じゃないですか!?

そして杏子さんがすごく楽しそうにしてたのも覚えています。
やっぱり杏子さんはバービーやりたがってたけど、男子達がなかなかOKしなかったってのを知ってたので、やっとBARBEE BOYSとして歌える!っていう嬉しさがこちらにも伝わってきて、こっちまで嬉しくなっちゃいました。

「Plan Bee」で初収録された「CRAZY BLUE」が初めて披露されたのもこのツアーでしたね。
当時は「CRAZY BLUES」でしたでしょうか。
解散して17年後に久々に出た新譜というのが新鮮でしたね。
私がファンになった時にはもうほとんどの曲は発売後だったので、バービーがやっているのに知らない曲だ!っていうのが不思議な感覚でした。

あとこの時ネットでは「LIVE中一緒に全部歌うのはやめて!」「前奏や間奏で『オイッ!オイッ!』って掛け声はバービーに合わない!」って論争が起こってましたね。
私もこれらはあまり好きじゃなかったなぁ。

色んな意味で、本当にBARBEE BOYSが盛り上がったツアーでした。

1年後、再び全国ツアー開催

「Re:BARBEE BOYS」ツアーの1年後の2010年、再びBARBEE BOYSの全国ツアー「Bcc:from BARBEE BOYS AD2010」が開催されました!

Bcc:from BARBEE BOYS AD2010

2月26日 Zepp仙台
2月28日 インテックス大阪
3月 3日 Zepp東京
3月 4日 Zepp東京
3月 7日 日本武道館

このツアーでも東京3会場のチケットを無事ゲット!
このツアーはグッズも結構出たので、色々買いました。

正直2009年のツアーの記憶とごちゃまぜになってる所もありそうで・・・(^^;)
今度他の人のライブレポ見て、ちゃんとした感想書きます。
とにかく武道館のLIVEは本当に最高でした(DVD出てるので見てね)。

長き眠りから再び目覚めたBARBEE BOYS

さて、2009年&2010年と精力的な活動を見せてくれたバービーですが、Bccのツアーを最後に再び長い休止期間に突入します。

休止期間と言ってもちょこちょこバービー関係のニュースはあったんです。

  • 2014年2月 「SALVAGE 1984-1992 BARBEE BOYS MUSIC CLIPS」発売
  • 2014年2月 KONTAさんが「ナカイの窓」にゲスト出演
  • 2014年11月 イマサが「アウトデラックス」にゲスト出演
  • 2015年2月 「REAL BAND -1st OPTION 30th Anniversary Edition」発売

こういうのがある度に「ひょっとしたらまたバービーやってくれるんじゃないかな・・・」と期待しては特に何もなく、とうとう8年間もの長い時間がたちました。

そして2018年8月、「BARBEE BOYS IN TOKYO DOME 1988.08.22」の一日限定プレミアム上映会が10月28日に開催されると発表されたのです!!

多分後々DVDで発売されるんだろうなと思いながらも、大好きな東京ドーム公演のLIVEを爆音で聴けるチャンス到来!と、品川会場のチケットを買いました。

そして1か月後の9月には、NHK BSプレミアムの「The Covers’Fes.2018」に出演する事が発表!!
2010年の武道館以来のBARBEE BOYSが見られる!と大興奮しました。

9年振りのバービーの活発な動きに狂喜乱舞!

ここ最近の目を見張るようなバービーの活動は、すでにたくさんネットに掲載されているので簡単にまとめますね。

  • 2018年10月28日 「BARBEE BOYS IN TOKYO DOME 1988.08.22」プレミアム上映会
  • 2018年11月21日 「BARBEE BOYS IN TOKYO DOME 1988.08.22」DVD・Blu-ray発売
  • 2018年11月30日 NHK「The Covers’Fes.2018」放送日
  • 2019年4月28日 「ARABAKI ROCK FEST.19」(宮城県)出演
  • 2019年7月13日 「JOIN ALIVE」(北海道)出演
  • 2019年10月30日 「ライブナタリー Presents RESPECT! Vol.1」OKAMOTA’Sと2マンLIVE

この中で宮城県と北海道のフェスは行けなかったのですが、他は全部参加(視聴)できました。
ここまで読んでくれた方には分かりますね、どれもこれも発表される度に狂喜乱舞でしたよ(^^;)

特にOKAMOTO’SとのLIVEでは、豊洲PITという会場の最前列で見る事ができ、私史上最もBARBEE BOYSを近くで見る事ができました。

中1の頃から30年間追いかけてきたバンドが目の前にいて、正に『夢』のような最高の時間でした。
2003年に初めて生で見た時とほとんど変わらぬその佇まいに感動しました。

バービーのラジオで私のメールが読まれる

そして2019年10月からはFM COCOROでバービーの期間限定ラジオ「まかせてtonight」が始まりました。
メンバーに質問メールが送れると言うので早速応募。
「まあ番組中に読まれる事はないだろうけど、LIVEのMCなんかで思い出して答えてもらえたらいいな~」くらいの気持ちで送りました。

第1回の放送で読まれなかったので「やっぱりたくさん来るメールから選ばれる訳ないよね」と思い、それ以降は自分がメールを出した事も忘れていました。
それから毎週楽しみに聞いていた所、12月6日放送の第10回で、なんと私のメールを読んでもらえたのです!!ヾ(T▽T)ノバンザーイ!

もう50回くらい繰り返し聞いているのですが(^^;)、聞いてない方のために文字起こししておきますね。(杏=杏子、K=KONTA)

杏「まずはコンちゃんに質問が届いているんですよ」

K「あー!難しいのはだめだよ」

杏子「いきますよ。東京都で聴いてくれている、ラジオネーム『たかなっちょ』さん」

K「たなかっちょさん」

杏「アハハハ!」

K「ちゃんと読んでくれよな、ひらがななんだからよー」

杏「ほんと全部ひらがなだよね。あら、失礼いたしました。たなかっちょさんね、女性の方です。OKAMOTO’Sの2マンLIVE、さいれんぜつで」

K「最前列!大丈夫か!?大丈夫か君は?」

杏「アハハハ!ほんとだよね、あたし大丈夫?えー、最前列で見させていただきました」

K「ありがとうございます」

杏「中1から30年間ずっと憧れ続けてきた5人が目の前で演奏してくれて、夢のような時間でした」

K「えーっと、ちょっと指折り数えちゃったな(私の歳を^^;)」

杏「数えてよ。さて、30年来の疑問があるんですけど、『翔んでみせろ』の間奏の所で」

K「SAX吹いてますよ」

杏「KONTAさんがいつも叫んでいる言葉は何と言っているのですか?」

K「叫んでないって、SAX吹いてるって」

杏「ねえ。私には『I like peace』私は平和が好きです、と聞こえるのですが、そんなに急に平和へのメッセージを叫ぶとも思えません(笑)。どうか私の30年来の疑問に答えをください。よろしくお願いします」

K「何だろうと思ってね~。まあ『Call me Junky』とは叫んでる」

杏「♪ハ~イ ハ~イ フィ~って言ってない?

K「あ~あ!あれは間奏じゃないよ、間トロだよ」

杏「間トロ、あれ何て言ってるの?」

K「あれはね、『Fly like me』」

杏「Fly like me!俺みたいに翔んでみせろ、と」

K「そう」

杏「だよ!たなかっちょちゃん」

K「だったんじゃないかな?だと思う。あの~、これあの歌詞には書いてないもので、隙間を埋めるためにテキトーな事を30年間俺歌い続けていたのか!いやー、いかんなあ!」

杏「でもそのFly like meっていうの、ずーっと一緒?なんか色々試したけどそれがハマったとか?」

K「いやどうなんだろ。あのーあんまりね、物考えてないからね、これでいいじゃんとか思ってたんじゃないかな~。誰もなんにも言わなかったし」

杏「あ、でもあれはかっこいいからね」

K「なんて言ってるんですか?って、まともに聞かれたのはこれ初めてだよ」

杏「そうだよね。じゃあ、良い仕事した、たなかっちょちゃん。すごいわ」

K「はい、あのー改めて、ちょっと考え直させていただくかもしれません!」

杏「え~!またちょっと・・・。それではたくさんの方からリクエストいただいた『翔んでみせろ』で番組をスタートさせたいと思うんですけども・・・」

「翔んでみせろ」のあそこの所、気になってた人も多いんじゃないでしょうか?
私もずーっと何て言ってるのか気になってて、今回長年の謎が解けてスッキリしました。
たまたま新しいアルバムに収録されている曲に関する質問だったから選ばれたんでしょうね。
今度LIVEでかかったら、みんなで「フラーイ ラーイク ミー!」って叫びましょう(^^)

さて、ここまでブログを読んでくださった皆さんなら、このラジオを聞いた私がどうなったか分かりますね?
そう、もう悶絶ですよ、悶絶(=苦しみもだえて気絶すること)。
いや、気絶はしなかったですけど(^^;)

でも「うわーーーーっ!!KONTAさんと杏子さんが私の名前を呼んだー!どうしよう!身体が震える!しかも質問に答えてくれた!なおかつ褒めてくれた!わーーーっ!!」と、ガクガク震えながら床を転げまわりました。

だって中1から30年間(しつこい)ずっとずっと大好きな二人がですよ?
私の名前を呼んで質問に答えてくれるんですよ?
・・・わーーーっ!!(←思い出し悶絶)

長年ファンをやってきて、こんなに嬉しい瞬間はありませんでした(T T)。
2019年はBARBEE BOYSのLIVEを最前列で見れるわ、KONTAさんと杏子さんに名前を呼んでもらえるわで、ほんとに神様がくれたご褒美のような年でした。

これからもBARBEE BOYSをずっと応援していきます!

長々と書いてきた記事もいよいよ終わりです。
正直全然書き足りない。
でも書いても書いても終わらないので、取り敢えず一回締めます(^^;)
それだけ私にとってたくさんの思い出がBARBEE BOYSにはあります。

30年の間には、5年10年単位でバービーとしての活動が無い時期が何度もありました。
それでも冷めずにファンであり続けたのは、やっぱりあの5人が揃った時の魅力がとてつもないから、でしょうか。

普通だったら見た目とか声とかやっぱり変わってくると思うんですが、BARBEE BOYSは多少の変化はあれど、それを気にさせないぐらいの『現役感』で戻ってくるんですよね。
10年振りなのに「え?昨日までホールでLIVEやってましたけどなにか?」くらいの感じ(^^;)

杏子さんなんて、中世ヨーロッパだったら魔女として狩られてもおかしくないくらいの変わらなさ!
ほんと、いい意味で、褒め言葉として「バケモノみたいな人達だな・・・」って思う時があります。
これが本当の「モンスターバンド」と言うのでしょうか。

だから何年たっても「またこないだやった時と同じように、♪約束どおり 戻ってき~た~よ~ って帰ってきてくれるんでしょ?」と、信じて待つ事ができたんだと思います。

2020年1月には代々木体育館LINE CUBE SHIBUYA(元渋谷公会堂)で単独LIVEがあります。
代々木体育館は、2003年に私が初めてBARBEE BOYSを見れた場所です。
あれ以来代々木には行ってませんから、17年振りに代々木でBARBEE BOYSが見られる事になります。

そして渋谷公会堂はBARBEE BOYSの解散LIVEが行われた場所。
私が行きたくても行けなかった(解散自体気付いていなかった)場所で、再びBARBEE BOYSのLIVEが見られると思うと胸が熱くなります。

1月のLIVEの先はまだ未定との事ですが、今の楽しそうにBARBEE BOYSをやっている5人を見ると、やっぱりまた次のLIVEを期待してしまいます。
イチャイチャしてる男女に「もー、そんなに楽しいならYOU達付き合っちゃいなよ!」と言うノリで、「そんなに楽しいならBARBEE BOYS続けちゃいなよ!」と言いたいです(^^;)

でも、みんなにそう言われるとまた男子チームの天邪鬼がムクムクと湧いてきてしまうでしょうから、「一ファンとして、もしまた気が向いたら、たまには集まって欲しいなぁ・・・」くらいにしておこうかな。

また嬉しいニュースが飛び込んで来る事を信じてます!

長い記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーー

※BARBEE BOYSを聴いてみたくなった方は、2007年にデジタルリマスタリングされたベスト盤のこちらがおすすめ。全シングルとカップリング曲が収録されています↓

 

2010年の武道館LIVEのDVDはこちら↓

 

BARBEE BOYSのかっこいいPV集はこちら↓

 

デビューアルバム「1st OPTION」の30周年記念バージョンはこちら↓

 

1988年の東京ドーム公演の完全版DVD&Blu-rayはこちら↓

 

minne.com

☆☆ブログランキング参加中です。下の画像をクリックしてくれるとcaccioがとても喜びます^^)/ヨロシク!☆☆

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りベビー用品へ
にほんブログ村
↑ひよこちゃんツンツンしてね!


人気ブログランキング
↑こっちのひよこちゃんもお願いします!

スポンサーリンク